沈んでも踏まれてもぼっこぼこにされても人が生きるのは

その先

続きを知るため
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
心から
 お疲れ様でした。
 げきはんの公演。

素晴らしかった
スタッフのすべても、キャストの方々の演技のすべても


くやしい

どうしてそこで!?ってとこでいつも何かやらかす
その度に助けて頂いてばかり

バタンのあと
すぐに駆けつけてくれて的確にフォローしてくれた後輩の皆さん
舞台上で全く動じずに冷静にスマートに対応して下さった先輩の方


ほんとうに 申し訳なさと 感謝で 



素晴らしい劇の邪魔をしてしまった くやしさ

けれど それよりさらに

それを繕って頂いた ありがたさ 申し訳なさ


絶対に起こってはいけないことを起こしてしまったけれど
けれど そのことで
げきはんの皆さんの 力を感じた

同時に自分の無力感も改めて

ベニヤがポールの足にのって不安定だったことも釘が一本しかささってないことも咄嗟に掴んだときベニヤ本体をつかまなければ支えが取れてしまうことも全部全部全部注意深くしていれば気づけたはずだ


・・・・・・もっともっと


頑張らなければと思った


自分の無能さは改めてよくわかったから

もうそうちを出来る機会はないんだけどね


作品のパーツの一部としてしっかり機能するように
助けて頂いた分 いつか誰かをたすけられるように
感謝の気持ちを 支えて頂いてることを 決して忘れぬように

もっと頑張ろう

あと一年

あと一年も
あと一年しか

もっともっと頑張ろう



演劇・舞台・キャラメルボックス / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://comical-drama.jugem.jp/trackback/89